スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
『TROPHY』CHARA
2008 / 01 / 18 ( Fri )
TOYOTA bBのCMでも使われてるあの曲です
着うたの配信は去年からやってたんだけど、
やっとCDとして出ました。
今月からツアーも始まったし、
移籍後のちゃらおさんってばほんとに活動的
そしてそして、
日本テレビ NEWS ZERO のテーマ・ソングにさらにまた新曲が使われております!!
曲名は『call me』というらしい
発売日等はまだ発表されてないけど、
これはツアーでちらり聴けるのでわ?!?!
2/3の渋谷CCLemonに行くので、楽しみにしておこうっと

話は戻って、、
今回のシングルのもうひとつの聴きどころ
カップリングで、
THE BOOMの『星のラブレター』をカヴァーしております
この歌大好きです。
詞がなんともかわいらしい。
”君に~会いに行くよ~君に会いに~行くよ~”ってね。
ちゃらおさんバージョンもかわゆい仕上がりになってた
要チェックですにょ。



本家
THE BOOMバージョンはこちらでどうぞ。


視聴はこちらから。
ぺたり。
スポンサーサイト
11 : 02 : 51 | おんがく | page top↑
『スカイウォーカー』いくえみ綾
2008 / 01 / 12 ( Sat )
奥田民生の名曲をいくえみ綾がマンガでトリビュートした単行本「スカイウォーカー」が発売された。 
 
この書籍は「週刊ヤングサンデー」で不定期連載されていた「マシマロ」「スカイウォーカー」「MANY」「無限の風」の4作品をまとめたもの。さらにマンガ作品のほか、奥田民生による直筆イラストや本人撮影の写真、民生への想いを綴ったいくえみ綾による描き下ろしイラストエッセイ、いくえみから民生への一問一答コーナーなどが掲載される。 
 
いくえみのファン、民生のファンにとっても興味深い1冊となりそうだ。 



ちょっと!なにこれ!!
読みたーい♪
だって、いくえみ綾先生と言えば、民生だもの(謎)
彼女の作品は、その時好きな芸能人に
そっくりの登場人物が出てきちゃうっていう特性が(笑)
あたしがリアルタイムで読んでた時は民生でした。
その後は香取慎吾とかBUMP OF CHICKENの藤原くんとかありましたね。
見てすぐわかっちゃうくらい似てる(笑)
それだけじゃなくって、内容もおもしろいし、
独特の雰囲気があって、いくえみ先生の作品は好きです。
ってか、最近は男性誌で連載なんてやってるんだ~。
知らなかった。
男の人が読んでもおもしろいのかな?




ね?民生でしょ?


これ、気になってる。
ウルフルズとかスピッツとか陽水さんが参加してはる。


そしてこれも。
真心とか、ドーパンとか、キャプストとか、ブームの宮たん♪とか参加してはる。
10 : 49 : 09 | 未分類 | page top↑
『やさしすぎる悪魔』赤川次郎
2008 / 01 / 10 ( Thu )
週末の軽井沢。花園学園高校二年の名物三人組・由利子、旭子、香子、プラス由利子の妹・真由子の四人は、香子の家の別荘を訪れた。が、管理人の千恵の姿が見えない。なんと、彼女は胸を刺され、庭に埋められていた!幸い命をとりとめた千恵だったが、入院先の病院に殺し屋が!執拗につけ狙う犯人の正体は!?女子高生探偵たちが活躍する人気シリーズ第六弾。

これも実家にあったもの。
てか、一つ前に書いたやつもそうだけど、
シリーズものなのに、第1巻とかは置いてないわけ(苦笑)
集める気はないらしい(苦笑)
まぁ、続き物じゃないから、全然普通に読めちゃうけどね。

これも漫画だった。
さくさく。
すらすら。

15 : 45 : 43 | ほん | page top↑
『三姉妹探偵団 12』赤川次郎
2008 / 01 / 10 ( Thu )
美貌の元高校教師・室田春代のまわりには常に死者の影が。継父は教え子に生命維持装置を外され死亡し、教え子は教室から身を投げて自殺。春代の夫は部下に射殺され、その部下も自殺する。春代がすべてを操る犯人なのか。だが春代は国友刑事に「私は死神に狙われてるの」と訴え接近する。彼女の言葉の真偽は。

お正月に実家に帰った際、本棚に入ってたので読んでみた。
赤川次郎の作品ってあんまり読んだ記憶ないなぁ。
字がけっこう大きくて、サクサク読めちゃう感じ。
漫画を活字にしたみたい。
探偵ものの割に、突っ込みどころ満載。
でもそこは漫画ということで。
さらっと読めちゃうので、時間が余った時にはいいかも。

15 : 40 : 00 | ほん | page top↑
『葡萄と郷愁』宮本輝
2008 / 01 / 10 ( Thu )
1985年10月17日、東京とブダペスト。同じ日の同じ時刻、人生の岐路に立つ二人の女子大生は、見えない絆で結ばれていた。若き外交官との結婚を承諾した沢木純子。夢のようなアメリカ移住を強く勧められるホルヴァート・アーギ。せまりくる決断の時、二人はどんな選択を…?家族、友情、そして愛。幸福を願って生きる女性の輝きをとらえた傑作長編小説。

またこれも古いな~(苦笑)
だって、まず登場人物がケータイとか持ってないからね。
婚約者と文通しちゃったりする。
結婚に対する考え方も今と違うし。
そして、マスカットが食べたくなった(謎)
普段あんまり好んで食べる感じじゃないんだけど。。

14 : 56 : 49 | ほん | page top↑
『優駿』宮本輝
2008 / 01 / 10 ( Thu )
生れる仔馬が牡馬でありますように。風の申し子のように速く、嵐みたいに烈しく、名馬の天命をたずさえて生れますように…。若者の祈りに応えて、北海道の小さな牧場に、1頭のサラブレッドが誕生した。オラシオン(祈り)と名づけられた仔馬は、緑と光の原野のなかで育ち、順調に競走馬への道を歩みはじめるが、それと共に、登場人物ひとりひとりの宿命的な劇が、幕を開けた―。吉川英治文学賞受賞。

忘れないうちに、去年読んだ本を。

すごーい古い本。
20年前くらいの作品です。
映画化されてて、
近所のおばさんとお姉さんに連れられて観に行ったのを覚えてます。
が、内容はさっぱり覚えてないっていう(苦笑)
と言うわけで、読んでみました。
時代設定自体ももちろん古いし、
競馬とか興味ないし、
楽しく読めるかしら?と思ってたけど、
全然楽しく読めちゃった!!
オラシオンって馬ちゃんがかわいくてかわいくて。
最後のレースのところなんて、どっきどきしながら読みました。
やっぱりさすがですね、宮本先生。






↓これ映画。主役が緒方直人だったのは覚えてる。
14 : 19 : 20 | ほん | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。