スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
『葡萄と郷愁』宮本輝
2008 / 01 / 10 ( Thu )
1985年10月17日、東京とブダペスト。同じ日の同じ時刻、人生の岐路に立つ二人の女子大生は、見えない絆で結ばれていた。若き外交官との結婚を承諾した沢木純子。夢のようなアメリカ移住を強く勧められるホルヴァート・アーギ。せまりくる決断の時、二人はどんな選択を…?家族、友情、そして愛。幸福を願って生きる女性の輝きをとらえた傑作長編小説。

またこれも古いな~(苦笑)
だって、まず登場人物がケータイとか持ってないからね。
婚約者と文通しちゃったりする。
結婚に対する考え方も今と違うし。
そして、マスカットが食べたくなった(謎)
普段あんまり好んで食べる感じじゃないんだけど。。

スポンサーサイト
14 : 56 : 49 | ほん | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。